地ノチカラ GEO POWER FUKUSHIMA

日本の地下には、熱いチカラが宿っている。火山国日本ならではの、地熱のチカラ。
地熱であたためられた温泉は、人々の元気の源となり、その蒸気は、地元の方々の暮らしに深く根ざしてきた。
地熱は、クリーンでエコなエネルギー源になる。
地元の農業を、観光を、ビジネスを盛り上げる、経済のチカラになる。
さあ、地熱のチカラで、地元を愛するみんなのチカラで、日本をもっともっとアツくしよう。

地元を愛するチカラと、
地熱のチカラで日本をアツくしよう

地熱シンポジウムin会津若松地熱シンポジウムin会津若松

– GEO POWER FUKUSHIMA –

アピオスペース 展示ホール(会津若松市インター西90番地)

ORGANIZERS・SPONSORS

主催
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構[JOGMEC]
後援
資源エネルギー庁、農林水産省、環境省、福島県、会津若松市、日本地熱協会、日本地熱学会
2021/11/22 mon

LIVE STREAMING

シンポジウムに関してのアンケートに
ご協力お願いします。

地熱シンポジウムin会津若松での
基調講演の資料がダウンロードできます。

SYMPOSIUM PROGRAM

実施時間 14:00~16:20(予定)

主催者
挨拶
細野 哲弘
独立行政法人石油天然ガス・
金属鉱物資源機構[JOGMEC]
理事長 細野 哲弘
開催地
代表挨拶
内堀 雅雄
福島県知事 内堀 雅雄
来賓挨拶
増子 輝彦
超党派地熱発電普及推進議員連盟 共同代表 参議院議員 増子 輝彦
基調講演

基調講演

福島県内で行われている地熱資源や地熱調査への取組みや地元関係者とともに広げる地熱開発など、
福島が持つ“地のチカラ”が創り出す、これからのエネルギーの在り方についてアツい講演を行います。

浅沼 宏
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所
再生可能エネルギー研究センター
総括研究主幹 浅沼 宏
講演テーマ

我が国の地熱発電の現状と将来

佐藤 好億
一般社団法人日本温泉協会  副会長 佐藤 好億
講演テーマ

秩序ある地熱開発への5つのお願い

トーク
セッション

GEO POWER FUKUSHIMA
- 福島から広がる地熱のチカラ -

福島県を愛するゲストたちが登壇して、地熱資源の豊富な福島の魅力を熱く語ります。
福島をアツくする“地のチカラ”を全国に向けて発信します。

小林 功
柳津町長 小林 功
飯島 直子
飯島 直子
唐橋 ユミ
モデレーター 唐橋 ユミ
パネル
ディスカッション

クロストーク
- 地熱がつくるウェルビーイングな未来とは -

地熱のパワーに魅力と未来を感じる方々と、地熱と共にあるあたたかい、豊かな暮らしについて、地熱がつくるウェルビーイングな未来についてをアツくディスカッション。

加藤 勝一
(株)元気アップつちゆ 加藤 勝一
佐藤 理夫
福島大学 共生システム理工学類教授 佐藤 理夫
大野 貞彦
東北電力株式会社 常務執行役員 大野 貞彦
安川 香澄
JOGMEC 特命審議役 安川 香澄
小橋 賢児
The Human Miracle株式会社 代表/クリエイティブディレクター 小橋 賢児
唐橋 ユミ
モデレーター 唐橋 ユミ
閉会挨拶
平井 淳生
経済産業省 東北経済産業局長 平井 淳生

※プログラム等は都合により変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

お問合せ:
「地熱シンポジウム in 会津若松」
運営事務局

電話:03-5414-0268(10:00~17:00) 
※土・日・祝日を除く

Email:info@chinetsu-sympo2021.jp

EXHIBITION

実施時間 12:00~17:00(予定)

福島県内をはじめ、地熱モデル地区となっている全国各地の
地熱開発の現状や地域共生について紹介、地熱を活用した物産を展示します。
さらに、地熱の “地のチカラ” を体感いただける「地熱浴」コーナーも設置しますので、
地熱のある豊かで、あたたかい生活を体験ください。

出展団体

〔福島県〕

会津若松市、柳津町をはじめとした福島県内の物産品を紹介します。


〔地熱モデル地区〕

地熱資源を有効活用して産業振興に取り組むを3つの自治体を紹介します。
・北海道 森町 
・岩手県 八幡平市 
・秋田県 湯沢市

地熱浴コーナー

地熱を肌で体感できる地熱浴として
“ドライ足湯”を設置します。

福島が持つアツい“地のチカラ”を体験してください。

ドライ足湯

GEO POWER
TOUR

福島県内の地熱発電所や地熱利用施設を巡り、エコなエネルギー源だけではなく、
新たな観光資源やビジネスの源泉にもなっている福島の魅力を体験できる見学ツアーです。

地熱資源が豊富な福島がつくる、ウェルビーイングな未来をアツく体験しましょう!

ツアー内容

見学先①土湯温泉バイナリー発電所
  • 土湯温泉バイナリー発電所

    土湯温泉の中心部から3kmほど上流にある「16号源泉」。地下から噴出する蒸気と熱水は1時間あたり37トンにのぼる。

  • エビ養殖場

    発電所から排出する温泉水と冷却水を利用したエビの養殖事業。年間を通じて26℃の温水を供給することが可能な施設。

住所:福島県福島市土湯温泉町陣場

見学先②柳津西山地熱発電所PR館
  • 柳津西山地熱発電所PR館

    熱は一体どこからくるのか、どんな仕事をするか、“スチーム君”と“博士”を案内役に熱に関するさまざまな不思議を遊びながら学べる“熱ミュージアム”

住所:福島県河沼郡柳津町大字黒沢

ツアー行程11/23 (火・祝)

  • 《グループA:20名様》
    ツアー工程《グループA》
  • 《グループB:20名様》
    ツアー工程《グループB》

※ツアー行程は都合により変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

※参加費は無料ですが、食事代、施設見学料は個人負担となります。
※参加にあたりましては、感染症対策をふまえたツアーの実施にご協力をお願いいたします。

》プライバシーポリシー